デジタルイラスト制作

メニュー

おすすめサイト

外部記憶メディアについて

作品データの受け渡しをするための記憶メディアとして、現在は大容量でコストも非常に安いCD-RとDVD-Rが主流です。
CD-R、DVD-Rの台頭の陰で徐々に消えていく記憶メディアもある一方、ディスクが1回で使い捨てになるこれらと違って、繰り返し読み書き可能な新しい記憶メディアも台頭しつつあります。

MOディスクはフロッピーディスクと似た構造で、光磁気ディスクを使用し、レーザーによる熱と時期により記録します。
熱と磁気どちらか片方の影響だけではデータが書き換わることはなく、データの保存・消去は繰り返し行えます。 大容量化されて1GBを超える製品もあります。 安定性に優れて、入稿用には最適ですが、やや高価なのが難点で、安価なCD-RやDVD-Rが普及し、CD/DVDドライブが標準化した現在では、利用が激減しました。
MOによる入稿受付を中止した印刷会社もあり、入稿用としては消えゆく運命にあります。
しかしながら、耐久性において現時点でMOを上回るメディアはなく、作品データの長期保管の目的で、細々とした需要もあります。

持ち運んでデータのみ渡す目的なら、フラッシュメモリーの一種で、USBポートに差し込んで使うUSBメモリーも選択肢に入れることができます。
フラッシュメモリーは半導体素子を用いた記憶メディアで、磁気ディスクも使わないため省電力で小型化でき、振動に強く破損の恐れが非常に少ないです。
データ読み書きも比較的高速で、容量が小さいのが難点ですが、近頃は数GB~数十GBの製品も登場しています。