デジタルイラスト制作

メニュー

おすすめサイト

メモリーについて

机が広ければ、さまざまな画材や道具を置いておくことができ、いちいち引き出しから出し入れするよりも作業効率が良くなります。
この机の広さは、パソコンではメモリー容量に当たります。
メモリー容量が大きければ大きいほど、さまざまなソフトを立ち上げることができ、作業もしやすくなります。
というわけで、メモリーをたくさん積めば良いのですが、現実的にはコストとのバランスを考える必要があります。
また、パソコンの機種ごとにメモリーの積載量の最大上限も異なり、制限があります。
デジタルイラストの制作でよく使用されるPhotoshopでの画像処理を前提にすると、2GBあればまず不満のない作業環境だと言えます。
4GBまで増設すれば、多数のアプリケーションソフトを起動した場合でも操作が快適となるかと思います。