デジタルイラスト制作

メニュー

おすすめサイト

デジタルイラストとは

デジタルイラスト

昨今では、イラスト 制作の手法としてパソコンを使ったデジタル化が主流となってきました。
デジタルイラストのメリットとして一番大きいものは、失敗しても簡単に修正が可能なことです。
水彩などのアナログではやり直しができない為ミスも許されず、一度デジタルでのイラスト制作に慣れてしまったら、もうアナログには戻れないほどです。
最近では、デジタルイラストの投稿や閲覧などを通して交流できるSNSも豊富にあり、まさにデジタルイラストブームと言えるでしょう。
このサイトでは、そんなデジタルイラストの作り方やその準備などをご紹介していきますので、デジタルイラストに挑戦しようと思う方の参考になればうれしいです。

パソコン機材について

世の中のパソコンの9割以上がWindowsと言われてますが、イラストレーターの大半はMacを使っています。
1980年代に登場したMacは、GUIをいち早く採用して感覚的な作業を実現し、グラフィックデザイナーに広く使われるようになりました。
画像データの作成や入稿ソフトの定番のAdbe PhotoshopやIllustratorも当初Macのみだった為、商業デザイン・印刷などのクリエイティブ制作のデジタル化はmacの使用が大前提な時代でした。

MacやWindowsによるグラフィック作業で現在は大きな差はありません。
上述したPhotoshopやIllustratorも今ではWindows版もあり、使うソフトも同じになります。
OSの操作性には多少の違いがありますが、これは慣れや好みによるものが大きく一概には言えません。
一昔前まではイラスト 制作ならMac一択でしたが、現在ではWindowsでも大きく変わりありません。
特に家庭用やオフィス用に一気に普及したWindowsの方が操作の慣れや購入のしやすさで選ぶ人が多いのではないでしょうか。

では、具体的にイラスト 制作に適したパソコンの選び方について説明していきましょう。
仕事で使うとなると、以前はタワー型のマシンが必要でしたが、現在では小型でも高性能な製品がたくさん出ています。
高性能デスクトップマシンなら、平面のグラフィック制作において、処理能力に不満がでることは少ないと言えるでしょう。
ただし大型で場所をとるし、絶対的なデータ容量が大きくないイラスト 制作では、少々オーバースペックかもしれません。